2017年4月24日月曜日

選挙と花市



大統領選挙の当日、
私たちの住む村では

選挙会場である小学校のすぐ前の
図書館広場、

つまり我が家の真ん前で
毎年恒例の花市がありました。

こんな不思議な催し物があり
娘は大喜び!



このあと、巨大スカートを置き去りにして
地上で普通に談笑する歌手のお姉さん
(足下はコンバースのスニーカーだった、
疲れるんでしょうね‥)を見て

ママ、あの人ほんとはおっきくないの?!

と口を大きく開けて驚いていました。

それから綺麗な花を見ながら
最近流行りのビオ系フードトラックの
クレープを食べ
夫は選挙に‥

結果は
多くの人の予想通り

なんだかなーという‥

このままいけば
私のイッコシタ
(と言われたくないだろうけど私ごときに)
の大統領誕生かしらん?










2017年4月23日日曜日

晴れ時々お客様


娘作 アナとエルサのふたつのお城

フランスは大統領選挙の日です。

我が家は今週
ほぼ毎日お客さんがあり、
私は料理ばっかりしてました。

義両親、
引っ越しでお世話になりっぱなしだった
ご近所さん、
リハーサルを兼ねた同僚たちとの食事会など。

枝豆、ミニトマト、ズッキーニ、アボカド‥
簡単な前菜に

ごはんを炊いて

揚げ物やら肉じゃがやら

ボリュームのあるメインを

実家から持ってきた和食器に盛りつければ

なんとなく形になり

急にお客さんを連れてくる夫に
プリプリしながらも
こうなると慣れて来て

以前よりは失敗もなくなってきた主婦10年目です。

私にはやや背の高すぎるキッチン
(これがIKEAのスタンダードのサイズらしい‥)
後片付けの救世主、食洗機サマサマ‼︎




その合間に私たちもお友達の家に呼んでもらったり
子供達と森にピクニックに行ったりして癒され



4月は雨の多いプロヴァンスでは
珍しく
晴天の続いた春休みも

今日でおしまいです。クスン




















2017年4月17日月曜日

ハッピーイースター Joyeuses Pâques 2017





春休み、と呼んでしまうけれど
本当は復活祭、つまりイースターの休暇、

フランス語ではPâques パックといいます。

子供達にとっては
チョコレート(とオマケ)がわんさかもらえる
嬉しいイベント、

去年の記憶がないなあと
思ったら
私は仕事で参加できなかったのでした。

上のボードは娘が
シッターさんと手作りで
作ったもの

季節に合わせて
いつも楽しい遊びを考えてくれる素敵なマダムなのです。


そして昨日はいよいよ本番

パピーマミー(おじいちゃんおばあちゃん)の大きなお庭で
タマゴ狩りに挑みました!




ヨチヨチ歩いてた2年前と
なんという違い


木登りもへっちゃらの
田舎の子です


キンダーのエッグチョコのオマケになんと
ドラえもんが!

こっちでもあるのでしょうか?!

夫のドラえもんの発音がどうしても

ドレエモンで

なんとなくガラの悪いドラえもんを想像してしまう‥

よく笑った復活祭の記録でした。








2017年4月10日月曜日

ひとりでするのを手伝ってね


復活祭のヴァカンスに入りました。

これから年度末を迎えるフランスでは
発表会や試験、講師コンサートなどが目白押しなので
ここで一息つけて
助かる!

娘ものんびりとできて嬉しそうです。

 "Aide-moi à faire seul"
La Pédagogie montessori & Barthazar !

さて昨日本屋さんで
ずっと欲しかったバルターザーの
ABCの本を買いました。


アルファベットの部分が麻で出来ていて
指でなぞるようになっています。

バルターザー好きの娘は大喜び! 

ぐりとぐらや
うさこちゃんに通じる

きっと何年経っても古く感じない

静かな可愛さをもつ

バルターザーシリーズが

モンテッソーリ教育に沿って作られていると

知って嬉しくて
  
少しずつ家でも実践しています。


モンテッソーリのテーマは
「一人でするのを手伝ってね」

自分のリズムで
ひとりで考えて
ひとりでオリジナリティーを展開できる子に
なれるように

見守れるかは

お母さんにかかっている‥らしい。

めんどくさくっても
時間がかかっても

口出ししない

手出ししない



子育ては

毎日が実験
毎日が冒険 なり



2017年4月8日土曜日

あなたはパリにいるのよ



Impressions 1905 par Fanny Azzuro 


Il y a presque 18ans(!) , quand je suis arrivée en France, ma chère Mme Bonjean qui nous a quitté l'année dernière m'a dit 
" Vous êtes à Paris, ma cocotte ! Ne restez pas juste devant le piano. Allez au musée, regardez les peintures impressionnistes ! " 


Samedi dernier au concert, je me suis rappelée à cette époque et je me sentais 

comme si j'étais entourés de ces tableaux dans les musées de l'orangerie, marmottan, et Orsay... 

merci Fanny !


先週のファニーのコンサートレポートです。

今回はもうすぐ発売になる
彼女の2枚目のCD
1905年、印象派
というテーマでした。

プログラムは

ラヴェルの鏡
ドビュッシーの映像
アルベニスのイベリア

いやー素敵だったなあ




今からなんと18年前、渡仏して途方にくれピアノばかり弾いていた私に、
去年亡くなった恩師が言ってくださいました。

「あなたはパリにいるのよ!ピアノの前に座ってばかりじゃダメ、美術館に行って絵を見なさい。印象派の絵をたくさん見て、それからフランス音楽を弾きなさい」

ファニーのドビュッシーを聴きながら
ふいにひとりで通った美術館を思い出してモネの絵に囲まれているような気分になりました。




まだ未発売のCDも頂いちゃった!

音楽家のみなさんが
置いて行ってくれるサイン入りのディスク、
これもまた、我が家の宝物です。

2017年4月4日火曜日

子ども時代



職場で関係のない問題に巻き込まれて

ホトホト疲れ

来年の続行を頼まれたのに

辞めますと

我ながら男前に
キッパリ言ってしまった

その直後に

久々に

紙芝居コンサートの依頼が来て



私の本当にしたいことってなんだろ‥と

ずっと考えている。


そんな時
絵本の翻訳家で作家の石井桃子さんの言葉に
ハッとする。

「子どもたちよ
子ども時代を、しっかりと
楽しんでください。
おとなになってから
老人になってから
あなたを支えてくれるのは
子ども時代の「あなた」です」


現役で子供時代満悦中、
娘の絵にゃあ勝てん!






2017年4月1日土曜日

Fanny Azzuro



先月アコーディオンとのデュオで演奏に来てくださった
私たちの大好きなファニー

今日はソロリサイタル、楽しみです!




2017年3月27日月曜日

住まなかった家



日曜日、夫の同僚のお宅に遊びに行きました。
実はこのアパルトマン、
私たちにも思い出深い場所でした。

今の家に出会うまでには1年以上
あちこちの家を見に行きました。

なかでもここは
街中とは思えないほど静かで
趣きがあり、スッテキー!と
心が動いたのです。


夫の職場のすぐ近くだったけれど
自宅での教室や娘のことを
考えると
どうしても今の村に残りたくて諦めました。

その後偶然夫の同僚のフルートの先生が
ここを購入したと聞いて驚いたのでした。


こんな可愛いコーナーもあり
クラシックで魅力溢れるアパルトマン、

でも写真は見学した2年前のもので
今はモダンなインテリアにするべく
大リフォーム中でした。

帰って来て
懐かしくなって写真を見ていると
見学した家々を思い出しました。

2年前の娘はオムツをしたモコモコのお尻で
わけもわからず
あちこちの家に足を踏み入れたものでした。

今だったらさぞ生意気にコメントをしただろうなー

環境、広さ、値段‥

条件に合う家を探すのは本当に大変で
何度もくじけそうになったけれど、

見学するたびに
新しい暮らしを思い描いた
あの期間も
私たちにとっては
大切な思い出です。